ニューエナジーふじみ野(NEFC)プラント施設概要

食品リサイクル法に対応したリサイクル施設です

当社の処理方法は、メタン発酵(バイオガス化)であり、食品リサイクル法に対応しています。
また、食品廃棄物はバイオマス(生物由来の資源)であり、バイオガス化で製造される電力は再生可能エネルギーであり、地球温暖化対策として有効です。
当施設では、「食品廃棄物(食品残渣)」と「包装材、容器」に分別する装置を保有しており、包装材に入ったままの受入が可能です。また、臭気対策をはじめ十分な環境対策を講じ、地域との共生を図っております。

       

受入・前処理

食品廃棄物はトラックスケールで計量後、受入ホッパに投入されます。その後分別機で、食品廃棄物と廃プラスチック(包装材、容器)に選別され、選別後の廃プラスチックは洗浄、脱水処理後、圧縮梱包機で成型梱包されます。

         

メタン発酵

選別後の食品廃棄物は、メタン発酵槽に送られます。メタン発酵槽では空気のない状態で、微生物の働きによりバイオガス(メタン:約60%、CO2:約40%)を発生させます。

※バイオガス中のCO2はバイオマス由来であり、もともと植物の生育過程で、光合成により大気中のCO2が固定されたものであると考えられることから、発電(燃焼)時のCO2は理論上、実質「差し引きゼロ」になると考えられています。(カーボンニュートラルの特性)。

          

バイオガスによる発電

バイオガスを用いて発電機により電力を製造します。発電した電力は、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)により売電します。

          

残渣はセメント工場でリサイクル

メタン発酵後の発酵液(残渣)は脱水機に送られ、脱水汚泥と排水に分離します。排水は放流基準以下まで処理を行い、下水道に放流します。
脱水汚泥、及び前処理工程で選別された廃プラスチックは、セメント工場において資源化します。

          

受入対象となる廃棄物

一般廃棄物: スーパー、コンビニエンスストア、レストラン、
百貨店等から発生する商品ロス、調理残渣 等
産業廃棄物: 食品製造工場の製造工程残渣、製造不良物等
*受入車両パッカー車、アームロール車(いずれも4トン以下)
 上記以外の車両についてはご相談ください。